木の香りする リフォーム打ち合わせ

おはようございます、代表の神谷剛です。

先日は台風の中、午後よりリフォームの打ち合わせ。

建築好きな施主様で、自らスケッチを描いて下さり、こんな風にしたいと希望をお聞きしました。

その中で、印象的な言葉が

「木の香りのする、子供たちの部屋にしてください。」と

のお言葉を頂き木の家を造る工務店として、大変楽しい打ち合わせでした。

株式会社 神谷建築 HP

 

 

雨漏り 修理

おはようございます、代表の神谷剛です。

先日の台風21号で、お客様より雨漏り修理、雨水排水の詰まりの御連絡を何件も頂きました。

その一軒。

現場は和風住宅住宅、築50年以上の瓦屋根の住宅です。

経験上雨漏りが多いお家は、屋根が複雑、母屋離れのつなぎ目など。

普段の雨では大丈夫で、風が吹いた時、雨量が極端に多いときなど条件が重なると症状が出ることがおおいです。

雨漏りは雨が漏っている場所と、浸み出す場所が違うことが多く治すのに手間がかかります。

原因を1つ1つ潰していき、数回の修理で治るという事が多いです。

こちらは、お隣様の雨水マス点検。

日頃車で踏まれいている蓋は、簡単には開きません!

今回は蓋を壊して、清掃。そして新しい蓋に変えさせて頂きました。

何事も日頃の点検が大切です、雨降りの時たまには雨どい、雨水排水などチェックしてくださいね。

株式会社 神谷建築HP

 

 

 

設計塾へ。

スタッフの神谷みどりです。

私は毎月2日間、設計塾へ参加しています。

通い続けて2年半が過ぎようとしていますが、一番大切なな配置計画や心地よく、永く住んでも居心地が良く、毎日がワクワクするような暮らしの設計をもっと勉強したいとと思います。

■今回の課題敷地は少し高台にあり、東側の景色が良く、空がひらけていました。(写真は東側から西側方面をみた景色)

設計条件は、「陶芸とアトリエ釜がある家」 (3時間で設計)

陶芸のアトリエを2箇所、2階にLDK水回りと寝室、びおソーラー搭載、駐車スペース2台以上などなど・・・。

通りに面している高台側に、陶芸の作品を飾るアトリエが見えるように設計しました。

住まいの1階の玄関と施主様の工房、陶芸教室を土間続きにし、玄関は作品を飾れる場所がたくさんあると良いとイメージ。

玄関から工房の反対側は、友達や生徒さん達とお茶を出来る和室の客間。

坂には芝生。

心地よい優しさの感じる人のたくさん集まる家になるといいなぁと思いました。

実際、設計塾ではお施主様にお会いすることはないので、自分が施主ならこういう家に住みたいと思う家を設計することを頭において、それからお施主様の暮らす姿を想像して設計するのは、すごく楽しいです。

来月もまた暮らしの設計を学んできます!

神谷建築HPはこちら

被災建築物応急危険度判定士講習に行ってきました。

おはようございます、代表の神谷剛です。

昨日、被災建築物応急危険度判定士の新規講習に行ってきました。

何それ?

と言う方が殆んどだと思いますが・・・・

震災の時に被災した家屋を応急に判定する診断士のことです。

 


被災した家屋を調査し、調査表を貼っていきます。

災害が起きた際、建築を仕事にしている私に何かお手伝いできることがないかと、受講させて頂きました。

災害が起こる事無く、呼び出し要請がないことを祈ります。

株式会社 神谷建築HP

 

 

 

秋山設計道場に行ってきました2

代表の神谷剛です。

秋山設計道場2日目は、午前設計作図、午後は秋山東一先生からの講評になります。実質3時間で書き上げ、プレゼンです。

まずは課題敷地1

 

 

 

 

 

 

 

 

課題敷地2



 

 

 

 

 

 

 

2つの敷地をどう繋げ考えるか。

道路左側を期間限定のモデルハウス、右側を常設モデルハウスと社屋です。

妻のプラン

神谷建築はプラン設計に妻も参加します。

左に駐車場、右に社屋、モデルハウスと考えました。

ファーストプランなので、全て手描きです。土地に対しての設計が悪いと、建物をどんな良いものを建てても車の動線や窓からの景色などが上手くいきません。

秋山先生から学んだことを、お客様との家造りに落とし込み役立てています。

先生今月もありがとうございました。


株式会社神谷建築はこちら